ADMIN

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


下田[家]建築展|会期終了

下田[家]建築展〜住宅を中心に〜 at ATELIER UNION TOKYO 2008.06.20|fri|-06.28|sat|


無事に終わりました。
なんか、あっとゆー間の1週間でした。



会期中、足を運んで下さった方々へ
この場を借りてあたらめてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。



関連記事[blog=e/qual内]はコチラ


上毛新聞(群馬)に掲載。

(この画像じゃワカンナイと思うけど)写真左から仁さん・恭子さん・進さん


下田[家]建築展が群馬県の県域地方新聞[ 上毛新聞(じょうもうと読む)]に掲載されました。
と、下田仁氏よりご連絡を頂いたので拝借してご紹介。
なぜ群馬かと云うと、父である進氏が代表を務める下田設計の活動拠点ゆえ。もちろん仁氏のご実家も群馬。
この上毛新聞は発行部数30万部を超え、県内では読売新聞や朝日新聞を抑えて一番購読されている新聞だそうで、仁氏にとっては“(ある意味)故郷に錦”ってトコでしょうか。

そんな下田[家]建築展も今日(24日)を入れてあと5日!
皆様どうぞ、足をお運び下さいませ。



下田[家]建築展〜住宅を中心に〜
会期:2008年6月20日(金)〜6月28日(土)※22日(日)休館
時間:平日|11:00〜18:00 土曜|11:00-17:00 最終日(28日)|11:00-16:00
会場:アトリエユニオン 東京ショールーム ギャラリースペース

関連記事[blog=e/qual内]はコチラ


下田[家]建築展|開催中です。

@オープニングレセプション(6/20)


遂に、いよいよ、とうとう始まりました下田[家]建築展
会場構成やアートディレクションを担当させて頂いたボクとしては、こうして無事開催に至ることができ、肩の荷が降りたというか一段落ついたという安堵感でいっぱいです。ボクを信頼して任せてくれた下田親子に感謝です。ボク以上に展覧会の成功を願って協力してくれたmayuには最高のTHNXを。無理なお願いにも関わらず、最後の最後まで頑張ってくださった東京木材企業の井内さん、近本さんには改めてお礼を。そして何よりアトリエユニオン東京ショールームのコンセルジュ:富 正一様には何から何までお世話頂き、色々と助けて頂きました。本当に有難うございます。

建築展の(ちょっといい)ウラ話
大学院時代の友人でもある下田仁氏(下田設計東京事務所)恭子さん(建築実験室○水花天空)から展覧会開催にあたってDMデザインや会場デザインをお願いされた時は、卒業から数年経って、こんなカタチで一緒に何かする機会が出来たこと、その話をボクに持ちかけてくれたことがとても嬉しかった。丁度仕事も落ち着いていた時期だったし、普段の仕事に比べれば十分に時間的余裕もあったので二つ返事で引き受けたのだけれど、図ったかのように冷戦中だった仕事が動きだしたり、デカいコンペが舞い込んだりして、後半はかなり大変な思いを強いられた(笑
そんな大変がピークに達した頃、父親である下田進さん(下田設計)から、お願いしていた『開催にあたっての挨拶文』がメイルで届いた。数十年間も建築設計に携わってきた方が発する言葉の重みに加え、息子とその妻と「親子三人展」を開催することへの“親父としての感慨”が滲み出ていて、失礼な言い方だけど「格好いいな、このオヤジ」と思った。正直、グッときました。そう言えば全体予算を調整していた頃、息子である仁氏が「多少予算オーバーでもいいよ。ボクら親子にとってもそうだけど、親父の展覧会として良いカタチにしてあげたいんだ。」と云ってたなぁと思い出し、再びグッときました。(会場で是非ご一読下さい。グッときます)

ディレクターズ・ノート
ディレクションと呼べるほどの何かをした訳ではないですが、少しばかり。開催の2ヶ月前に電話とメイルで話を持ちかけられ、最初の打合せで『3つのお家が寄り添うマーク』が浮かびました。住宅、家、家族の3つの意味をシンプルなお家のカタチに置き換えて、各々が独立しながらも同じ方向を向いて1つを成しているシンボルマーク。早速DMのデザインにこのマークを落とし込んで、ついでにタイトルにも家マークを入れて、切手貼るトコも家マークにして、「こんな感じでどう?」と確認を取りました。


会場構成に関しては、事前にもらっていた会場写真を見た段階から“写真パネルだけじゃダメだ”“何かしないと空間がもたない”と感じていたので、下田夫妻と三人で会場視察に出向いた際、「何かシンボリックな什器を置いて、そこに作品を展示しよう」と持ちかけました。その分費用が掛かる為、出来るだけローコストで会場の核になるデザインをその場で幾つか提案し、例のシンボルマークを立体化して展示台にする案で方向性が決まりました。簡単なレイアウト図を幾つか作って、展示作品とバランスを取りながら台数や形状を決定。ここまでは結構早かった。限られた予算内でどう作るかってトコで七転八倒したけれど、結果的にはやって良かったなと思います。

本当は『下田[家]』という名の住宅を、展覧会開催に合わせて三人共同で設計してもらおうと企んでいたのですが、各々多忙な方々なので敢えて提案はしませんでした。今回の三人展をキッカケに、家族としても建築家としてもお互いの関係がより一層深まって、いつか三人共同の作品を発表してくれる日が来ることを楽しみにしていたいと思います。この展覧会が集大成では無く出発点になって、各々がそこに向かって活動を続けてくれれば、シンボルマークのデザインに込めたボクなりの思いも叶うな、と。少し長くなりましたが、そんな感じです。


下田[家]建築展〜住宅を中心に〜
会期:2008年6月20日(金)〜6月28日(土)※22日(日)休館
時間:平日|11:00〜18:00 土曜|11:00-17:00 最終日(28日)|11:00-16:00
会場:アトリエユニオン 東京ショールーム ギャラリースペース

父と息子とその妻。親子三人各々が建築設計を職とし、三者三様の作品を展示する展覧会を通じて、[住宅]・[家]・[家族]と云う切り離せない関係を感じて頂けると思います。しばらくお天気の具合が・・・ですが、今月28日(土)まで開催ですのでお近くまでお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。ボク自身は最終日(28日)にもう一度伺う予定ですので、ご都合あえば是非会場でお会いしましょう。

関連記事はコチラ


下田[家]建築展|会場設営




20日から開催される下田[家]建築展の会場設営がほぼ終わりました。
ナカナカ良い感じでホッとしてます。
関係者の皆様に感謝!!

初日はオープニングレセプションが開催されますので、是非いらして下さい。
ボクも19:00くらいに駆けつける予定です。
会場でお会いできるといいですね。



SHIMODA FAMILY ARCHITECTURAL EXHIBITION
会期:2008年6月20日(金)〜6月28日(土)※22日(日)休館
時間:平日|11:00〜18:00 土曜|11:00-17:00 最終日(28日)|11:00-16:00
会場:アトリエユニオン 東京ショールーム ギャラリースペース

オープニングレセプション|6/20(金)18:00〜20:00
出展者の3人が顔を揃えるので、作品について気軽に話したり出来ると思いますよ。


下田[家]建築展

DM design:e/qual


親子三人(父、息子とその妻)各々が建築家として活動する下田家が、これまでに手掛けた三者三様の建築作品(住宅を中心に)を紹介する展覧会を開催します。
友人でもある下田仁さん(息子)からの依頼で、アートディレクション・会場構成・DM等をe/qualが担当させて頂くことになり、先日DMの入稿が無事完了。完成待ち遠しい只今ですが、作品展示用の什器や作品パネルのデザインなどなど...そろそろ焦り始めてます。

会期は6月20日(金)から。
建築に興味ある方もそうで無い方も、是非足を運んで下さいね。
詳しくは、随時更新していきます。



SHIMODA FAMILY ARCHITECTURAL EXHIBITION
at ATELIER UNION TOKYO SHOWROOM GALLERY

会期:2008年6月20日(金)〜6月28日(土)※22日(日)休館
時間:平日|11:00〜18:00 土曜|11:00-17:00 最終日(28日)|11:00-16:00
会場:アトリエユニオン 東京ショールーム ギャラリースペース
住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋宝町4-5-1 さくら宝町ビル1F

問い合わせ先:建築実験室○水花天空&下田設計東京事務所
TEL/FAX 03-3387-0938|MAIL info@suikatenku.com
URL http://www.suikatenku.com/



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--