ADMIN

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


braille board-3

GokanPROJECT
“点字をすべての人の共通言語に”この言葉をスローガンに掲げ、
点字の普及を目的とするGokanPROJECTでは、点字を意識する機会を提案し、
点字をもっと身近に感じられる商品の企画・製作・販売を行っております。
(詳細はGokanPROJECT公式サイトにて)

braille board
braille boardはGokanPROJECTのコンセプトをダイレクトに形態化したものです。

「点字を使ってメッセージを作る」ただその為だけのプロダクト。


メッセージを創るためには、点字の凸の組み合わせで文字をどのように表すのかを知らなければできません。
点字リストを見ながら“ボールを溝に配置してメッッセージを完成させる”
ただそれだけの行為を通じて、
『点字が6つの点で構成されていること』
『普段使っている文字よりも単純で、配列だけでコトバが形成されること』
そして何より『点字は決して読めない文字ではないということ』
そのことを知ってもらうためのプロダクトとして生まれたのが[braille board]です。

〜braille boardコンセプト文 抜粋〜


bb01braille board
bb02フラッシュに反射して輝くbraille board


無事?終了致しました...。
先に結果を報告致しますと、残念ながら賞を頂くことは出来ませんでした。

bb03展示風景




昨日に引き続き、多くの方々に見て頂く事の出来たブレイル・ボード。
冒頭で書いたように、(少なくとも賛同協力者であるワタクシの認識として)GokanPROJECTとはそうしたプロジェクトであり、ブレイル・ボードはそのコンセプトをストレートに表現したプロダクトだった訳です。

実際、見て・触って・感じて下さった方々からの評価は非常に高く、とても貴重で嬉しい言葉の数々を直に頂く事が出来ました。
配布した点字カードの枚数(400〜500?...もっとかも!?)からカウントしても、たった2日間でブレイル・ボードが果たした役割は図りしれず、ゴカンプロジェクトの目的は充分に果たせたのでは無いかと自負しています。(勿論、受賞を逃したことは無条件に悔しいですが...)

GokanPROJECTとしての今回の出展についての総評は、主宰であるMN氏のblog[braill board-3]にてコメントされておりますので、少しe/qualとしての総評を...。

とにかく「綺麗♪」という反応がスゴく多かったことが、ワタクシとしてはとても嬉しく、有り難い言葉でした。
デザイナー冥利につきると言うか、あれだけ多くの人の眼に触れ、「綺麗」と言って頂けるプロダクトを完成させられたコトに大きな充実感を味わうことが出来ました♪
『純粋な眼』で作品を見て、『真剣に』コンセプトを読み、『真剣に』我々の説明を聞き、『楽しんで』メッセージを作って下さった方々に、改めてお礼申し上げます。
(なんせ、ただチラっと見ただけでは理解しようのないモノですから...汗)

そして何よりも会社の仕事とは別に、純粋にデザインすること・モノ創りをすることの喜びと楽しみを与えてくれたGokanPROJECT = MN氏との出会いに感謝しております。
受賞を逃した後のMN氏の悔やむ姿を見て、GokanPROJECTに懸ける彼の想いの深さを改めて知ることが出来ました。 そんな彼と一緒に、出会って数ヶ月の間に作品を発表出来たことにも又、改めて感謝しております。
彼とはまた必ず、何か新しいモノを創りたいと思っています。(少なくともワタクシは...汗)


最後に
今回の出展を通じて『点字』に触れて下さった方々が、
明日からほんの少しでも『意識する機会』を持って頂けることを願っています。
braille boardの役割はそれによって果たせる訳ですから...。
そしてほんの少しでも『点字を意識する機会』を持って頂けたとしたら、
今回の出展は大成功だったと言えると思っています。


追記

2日間を通じてブースを訪ねて下さった方々、ブログ等を通じて応援してくれた方々、会場で出会ったクリエーターの皆様、そして純粋にアートに触れる機会を求め参加していたボランティアスタッフの皆様、“特設”カウンター(笑)で美味しい料理と飲み物を提供してくれたお二人!! 本当に有り難うございました。
皆様と出会えたことだけで、ワタクシにとって今回の出展は価値あるものとなりました。

また別の機会・別の場所で、皆様とお会い出来ればと思います!!!


□clockposition Inc.代表 GokanPROJECT 主宰 MN氏のブログ
MN blog[brailleboard 2]も是非、ご一読下さいマセ♪


braille board-2

434241393837363534333231302928272625242221201918171615141311

遂に迎えたSICF GokanPROJECT出展初日!!
ご覧の通り、大盛況♪(この数倍の方々にお立ち寄り頂きました!!)


開始時刻ギリギリまでパタパタと設営作業を行い、AM11:00 いざ会場!!!
午後を過ぎたあたりからSICFを訪れる人の数はどんどんと増え、
通路を行き来するのも大変な賑わい(GWど真ん中。皆さん結構都内にいらっしゃるようで...汗)
ブースNo.39 GokanPROJECT braille boardも多くの方々にお披露目することが出来ました♪♪

GokanPROJECT賛同アーティスト、モデルの亜姫さんや、『モルヒネ』の作家さんでもあるフォトエッセイスト/アーティストのmaki+saegusaさんにもお会いすることが出来ました。
maki+saegusaさんはとても気さくな雰囲気ながら、さすが!!と感じるオーラのある方。
亜姫さんは、やはりモデルさんだけあってスタイルも良くオシャレ♪とても話やすい、笑顔の素敵な方でした。


知人・友人を含めご来場頂きました皆様、本当にありがとうございます。
ブースを離れていてご挨拶出来なかった方々、申し訳ございませんでした。

明日は7th SICF最終日。[11:00-19:00 19:00よりクロージングパーティ&授賞式]
前半Aグループの出展者の方々も来場される為、本日以上の盛り上がりが予想されますが、受賞目指して頑張って来ます!!(ってもはや頑張りようがナイのですが...笑)

ブースにご来場の際には是非、気軽にお声掛け下さい。
皆様との“ハジメマシテ”楽しみにしております♪♪


□clockposition Inc.代表 GokanPROJECT 主宰 MN blog brailleboard





braille board-1

無事帰国いたしました。
予定時刻より少し早い06:30頃成田着。なんだかんだで自宅に着いたのが10:00すぎ。
毎度のことながら、成田は遠い...汗 成田エキスプレス増便してくれないかな。
『e/qualブログ from BANGKOK1-7』写真やリンク更新!! 一挙大公開!!!

やっぱりお家は落ち着く♪と少しグデっとしていた矢先!!届きましたよ[braille board]
そーです!!いよいよ明日・明後日05/04-05/05の2日間!!!
[東京・青山Spiral Hall 7thSICF]clockposition Inc. x e/qual 初コラボ作品《GokanPROJECT/braille board》発表!!!

送られてきたブレイル・ボードはとても丁寧に梱包されていて、開封するのが勿体ないくらい。とは言え中身を確認しない訳にもいかず、ワクワク・ドキドキでいざ!開封。


ホント予想以上に綺麗に仕上がっていて、「おおぉ♪」と思わず叫んじゃいました...笑
早速写メにてMN氏へ連絡。MN氏もかなり満足げな様子で、少し安心いたしました。

braille board


ブレイル・ボードはclockposition Inc.とのコラボ作品ではありますが、GokanPROJECTは氏が主宰するプロジェクト。e/qualとのコラボでGokanPROJECTの躍進をつまづかせる訳には参りませんので、正直、出展間際のタイ出張は後ろ髪引かれる思いでした。

e/qual「イコール」本当の意味での『始動』です。
GW中で何かとご予定お有りかと思いますが、チラっとでもブースNo.39へお立ち寄り頂けると、我々無条件に喜びますんで...笑

是非!!会場で“ハジメマシテ”を♪♪


ステップ・アップ

明日2006.04/24(MON)は、ワタクシにとってもe/qualにとっても何か大きな変化が生まれる予感をさせる月曜日です。今年1月に賛同協力しe/qual起ち上げのキッカケとなった“GokanPROJECT”が、遂にメジャー雑誌掲載決定!! と以前ブログでもお伝えしましたが、明日はその掲載誌である『日経デザイン5月号』が発売される日なのです!!!

NIKKEI DESIGN 5月号
注)日経デザインは書店販売を行っていないので、
ウェブサイトよりご購入下さい。
>>日経BP書店
>>NIKKEI DESIGN



GokanPROJECT主宰 MN氏率いるデザイン事務所 clockposition Inc.にはすでに莫大な問い合わせの連絡が入っている(年間購読者の手元にはすでに届いているようで)とのこと。その勢いを持続したまま東京・青山スパイラルホール 7th SICF(INFO = e/qual参照)での、初コラボ作品『 GokanPROJECT braill board by clockposition Inc. x e/qual 』の発表となる訳ですから、自ずとその反響への期待も膨らみます。...何かが動き出す予感。

著名デザイナーさんとのコラボやこうしたメディア効果で、GokanPROJECTの認知度は更に加速度を上げて高まっていくでしょう。『点字』というむしろ取り上げにくいテーマを持ち、先ず“知ってもらうこと”から始まるGokanPROJECTによる点字普及計画はまさに今、次の段階へと進むキッカケを掴もうとしているように思います。

NIKKEI gokan記事01記事内容はGokanPROJECTサイト内拡大画像にてお読み頂けます。是非ご一読下さい。
ちなみに記事最後の文「点字の概念を盛り込んだ玩具〜」のプロトタイプがbraill boardです。

この夏!!点字Tシャツを着た人が街中に溢れているかもしれません♪♪

確実に、そして着実に、ステップ・アップをしてきているこのPROJECT。知名度と認知度の高まりは時に大きな力となって、PROJECTの可能性を広げてくれると期待しています。e/qualも“賛同協力”の名に恥じぬよう、GokanPROJECT以外の活動も含め着実にステップ・アップしていきたいと思いますので、皆様宜しくお願いいたします。

『 GokanPROJECT by clockposition Inc. x e/qual 』
コラボ企画は、この先もまだまだ続きます!!すでに数年先までの活動予定をMN氏と極秘会議中!!! 現在、本年度TDW出展を計画中!!! ミラノサローネ出展までを視野に入れた『braill board三部作』を密かに(ってブログに書いちゃったけど...汗)進行中です!!! 



SICFまであと11
グループB 39番ブース[GokanPROJECT braille board]


時間旅行ーTime Trip4

いやいやいやいやいや...。
ご好評頂いております『e/qual“タイムトリップ”ブログ!!』もいよいよパリ入りです!!
そんな中、こちら“GokanPROJECT東京サテライトblog”より、来る5/4,5のSICFの進捗状況をお知らせ♪
clockposition Inc x e/qaul初コラボ作品『GokanPROJECT braill boad』が、本日遂に最終デザイン決定!!!!いよいよ製作開始です!!!clockposition Inc.さんより7th SICFのDMも届き、いよいよ感!!高まって参りましたよ〜♪♪

SICF DM

組み立てると箱に!!


てな感じで盛り上がる中、そろそろTime Trip第4便がパリに向けて飛び立ちます!!
●第4便>>2006.04.11 Tuesday パリ到着


GokanPROJECT × NIKKEI DESIGN

ぃいヨイショ〜!!っと。(ここの第一声。だんだん名物化しつつあるな...汗)ま、いっか♪
え〜。本日は新入社員くんたちの研修にお付き合い。6名程のヤングマンに囲まれて質問攻めに合いました。「休日は主にどんな風に過されてますかぁ〜?」って...ぉぃぉぃ。
それ聞いて何になる...。

それはさておき本日は、なんと言ってもe/qualが賛同協力しているゴカンプロジェクトのNIKKEI DESIGN掲載決定の話題。
取材の裏話や掲載内容は昨日付けMNブログにて発表されておりますので、こちらGokanPROJECT東京サテライトblogでは、日経デザインエキスプレスから届いたメール情報を大公開しまっす!!

待望の5月号詳細についてはこちら!


---------------------------------------------------------------------------
 4月24日発行の日経デザイン5月号では、[中略]文字を有効に活用しているデザインの事例を 数多く紹介する予定です。ぜひお手に取ってご覧ください。(メルマガ編集長 太田憲一郎)
---------------------------------------------------------------------------
【5月号をスーパープレビュー】文字を作る、文字で作る
---------------------------------------------------------------------------
 冒頭でも紹介した通り、日経デザイン5月号では、文字のデザインを取り上げます。
 特集1では、表参道ヒルズのロゴのほか、パッケージや広告を中心に幅広いジャンルの文字デザ インを取り上げます。
 また特集2では、ネーミングを、レポートでは点字をそれぞれ取り上げる予定です。
 文字のデザインは、いつも読者からの要望が高いテーマなので、我々編集部も気合いを入れて取 材を敢行しています。発行日は4月24日。もうしばらくお待ちください。
---------------------------------------------------------------------------

いやはや...。
取材の件は少し以前からGokanPROJECT主宰であるMN氏
より報告を受けてはいたものの、「SICFの前に発売ならねぇ〜」
「4月に取材でそりゃ無理だよねぇ〜」
と諦めていたのです。それがなんと今月24日発売決定!ネェさん事件です!!これわ。なんせNIKKEI DESIGNという雑誌は、書店販売はしていない専門誌ながら、業界での認知度は相当なもの。年間購読率が高いので、GokanPROJECTの名を眼にする方々が確実に増える訳ですよ。はい。

そんな追い風を受けてbraille boadもワッサワッサと進行中!
日本を発つまで、あと3日...。
いよいよラストスパートです。



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--